IrTe2

2013年2月26日 (火)

IrTe2(Pt5%)-1-1(その2)、IrTe2(Pt5%)-2-1(その1)

23日にブログを更新したはずが、反映されていないことに今気づいた。

超伝導ギャップを温度変化を含めて詳細に調べたが、弱結合のBCSで説明でき、ファンシーな超伝導ではないようである。

分光イメージを行ったところ、パッチ状の構造の中心に何かあるが、明瞭な準粒子干渉パターンは観測されなかった。分解能を上げた分光イメージングの途中で探針が変わり、空間分解能が落ちてしまった。スペクトルの特徴は探針が変わっても変化しなかった。

再現性チェックのため、別の探針と試料を入れ、アプローチを開始した。

2013年2月19日 (火)

IrTe2(Pt5%)-1-1(その1)

土曜日に導入室に入れた試料3個の内一つを劈開し、アプローチ開始。前回使用した探針はスキャン途中で探針が変わってしまったが、原子分解能があることと、Bi2Se3のLandau準位のエネルギースケールではスペクトルが正常であったので、まずは、原子分解能のトポグラフに重点を置いて、探針はそのまま使用することにした。

途中2回ノイズで止まってしまったが、正常にアプローチし、原子分解能のトポグラフが得られた。ドープ無しの試料で見られたストライプ構造は観測されず、一辺数nm程度の歪んだ六角形のパッチ状の構造で表面は覆われていた。パッチの辺は、原子の並びに沿っている。

スペクトルには、700μeV程度のギャップが観測された。温度が1.5Kなので、ギャップの内部構造はわからない。ギャップの外側にも構造があるが、場所に依存しないので、おそらく探針のせいだろう。フルギャップかどうかを確認するため最低温でのスペクトルを取ったら、探針と試料を交換して再現性を確認する予定である。

2012年10月29日 (月)

IrTe2#4 その1

完全に新しい探針と針の組み合わせを試みるため、前回の探針とは異なる探針のFIM観察を行った。2kV程度からイメージが見え始めた探針を3.1kV程度で処理し、セットした。

土曜日に導入室に入れた試料の内、1個を窒素温度で劈開したが、劈開用のピンがフレークでつながっていてなかなか落ちず、若干苦労した。なんとかアプローチ開始。

2012年10月20日 (土)

IrTe2#3 その2

マッピング終了。トポグラフ以上の情報は分光イメージには無いようだ。超構造の空間構造を調べるため、150nm四方のトポグラフをとってみた。前回観察されたように、5倍周期が乱れているところもあるが、広い範囲で5倍周期は支配的で、ところどころに、「畝」が抜けたような構造になっていることが分かった。

明日は家の用があり、来週一杯は出張である。今回の実験はここまでにして、出張後、もう一回は再現性確認を行いたい。探針を引いた後、ヘリウムを満タンにした。ヘリウムの再補充を火曜日に同僚の幸坂さんに頼んだので、出張から帰ってくる来週土曜日まではシステムを冷やしておけるはずである。

2012年10月18日 (木)

IrTe2#3 その1

ここ数日の記録

IrTe2#2は劈開後アプローチしたが、電流が不安定ですぐにあきらめ、探針処理後、次の試料IrTe2#3を劈開し、セットした。

今朝、無事アプローチし、原子分解能は無かったが、安定してスキャンはできた。前回の試料に比べ、5倍の超周期がはっきり見えた。±0.2Vで得たスペクトルは、長周期の山ではFermiエネルギー近傍で凸型、谷では凹型になっており、大きく異なっている。Fermiエネルギー近傍10meV程度の範囲にも構造があるようである。

とりあえず、粗い分光イメージングを行うことにした。40nm、±200mV、21layers、256×256点、Vmod=10mV、約23時間のマッピング。

2012年10月16日 (火)

IrTe2#1 その3

昨日の記録。

マッピング終了。特に目立った構造は観測されなかった。STM像のバイアス依存性を調べようとしたが、+500mV程度試料に印加したところで探針が変わってしまった。これまでの探針も、変わった後で測定を行っているので、探針をわざと変えて、スペクトルの探針依存性を調べることにした。

全体的にコンダクタンススペクトルは、エネルギーの関数として負の傾きを持つことは確実のようだが、Fermiエネルギー近傍のギャップは、探針のせいだったようである。

この試料と探針の組み合わせは、ここまでにし、新しい試料と探針で改めて再現性確認をすることにした。

2012年10月12日 (金)

IrTe2#1 その2

マッピング終了。はっきりした准粒子干渉は観測されなかった。コンダクタンスマップだと、5倍周期は比較的はっきり見えるようだ。
低エネルギーでの様相を詳しく見るために40nm四方、Vmod=2.5mV、+-20mV、21layers、256×256点の分光イメージングを開始。約63時間のマッピング。

2012年10月10日 (水)

IrTe2#1 その1

昨日と本日の記録

昨日岡山大野原研のIrTe2単結晶試料を窒素温度で劈開し、アプローチを開始し、今朝無事にアプローチした。

5nm四方のスキャンをしたところ、原子分解能はなかったが、ストライプ状の構造が見えた。その後、20nm四方のスキャンを行っているときにゴミを拾ってしまったが、試料に-1Vの電圧を加えたところゴミは落ち、同時に探針が鋭くなって原子分解能の像が得られた。

スペクトルには±10mV程度の不完全なギャップが観測された。

大まかな分光情報を得るために40nm四方、256×256点、±100mV、変調振幅5mV、41layersの分光イメージングを開始。約45時間のマッピング。

その他のカテゴリー