« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

Bi2Se3#3-1-2 (その1)

金曜日に仕込んだ探針は、4本の内、1本しか使えそうなものがなかった。とりあえず使えそうなものをFIM処理してセットした。正直、FIMで原子を1個残したかどうかと実際の分解能にはほとんど相関がないので、今回はゴミが付くことを防ぐ方を優先して、イメージングした電圧3.4kVをかけたままヘリウムガスを排気した。

試料を窒素温度で劈開し、アプローチを開始。

2013年1月26日 (土)

Bi2Se3準備

ブログに記録すること自体を忘れるほど久しぶりの実験である。この数ヶ月、Fuさんが頑張ってきたが、さすがにブレークしないと精神的にもつかれるので、バトンタッチした。私の当面の役目は、Bi2Se3のg因子が本当に小さいのか確認することである。

ポテンシャル分布によって見かけのg因子が影響を受けるはずであることに気付いたので、その実験的確認が当面の課題である。

チャンバーに2個試料が入っていたが、昨日と今日で使い果たしてしまった。ピンを立て直した試料3個と新しい探針4本を導入室に入れて、真空排気を開始した。ベーキングは90Vで11時間。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »