« Au(111) & LiFeAs-BS195-1-6 | トップページ | 実験準備 »

2012年6月12日 (火)

LiFeAs-BS195-1-6(その2)

無事アプローチしたが、超伝導を示さない表面で、探針の空間分解能も今一つだった。Au(111)の見え方と実際の試料を測ったときの分解能の関係は、もっと経験が必要だろう。

貴金属で調整した探針は不安定であるという話も聞くので、Pt-Ir探針とPtあるいはIrの組み合わせ、あるいはタングステン探針とタングステンの組み合わせを試してみたい。一旦良い探針と試料の組み合わせができれば一ヶ月以上測定を続けるのが普通なので、やはり、たとえ数日かかるプロセスでも、確実に良い探針を作るレシピを確立する意義はあると感じる。

今回の試料でチャンバー内の試料はすべて使い果たしたことと、来週から出張が続き、その前に書かねばいけない書類もあるので、実験は一旦中断することにする。

« Au(111) & LiFeAs-BS195-1-6 | トップページ | 実験準備 »

LiFeAs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/54944655

この記事へのトラックバック一覧です: LiFeAs-BS195-1-6(その2):

« Au(111) & LiFeAs-BS195-1-6 | トップページ | 実験準備 »