« Au(111) | トップページ | Au(111) »

2012年5月24日 (木)

Au(111)準備

探針をFIM処理しようとしたところ、チャンバー内で放電が起こり、十分な電圧がかけられない。肉眼では放電は見えなかったが、電子ビーム加熱ステージ周辺と想像される。高圧ケーブルの数を減らすために、FIMと電子ビームの高圧部は共通になっているが、両方安定して使うには、やはり分けねばならないだろう。

探針は最終的には金で調整するのでFIMはあきらめ、MCPを切った状態で探針に3.5kV印加してクリーニングした。

金の試料は、1.5kV/0.2μAのスパッタを約1時間行った後、650℃程度で15分アニールしてセットし、アプローチを開始した。

« Au(111) | トップページ | Au(111) »

Au(111)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/54790784

この記事へのトラックバック一覧です: Au(111)準備:

« Au(111) | トップページ | Au(111) »