« LiFeAs-BS195-1-2 by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs-BS195-1-3 by 3He-STM(その1) »

2012年4月27日 (金)

LiFeAs-BS195-1-2 by 3He-STM(その2)

無事にアプローチし、スキャンすることができた。分光測定時の安定度も問題なく、STMは元通りの性能を発揮していることが確認できた。

しかし、超伝導を示さない表面にあたってしまい、探針もそれほど鋭くない。ピエゾのキャリブレーション用のトポグラフを取って、終了した。

チャンバー内にはあと1個試料があるが、このタイミングで新たに試料を入れることにする。
今のバッチの試料をセットしようとしたが、インターグロウスが多いようで、劈開してもきれいな面が出ないことが多い。そこで、過去に何度か劈開し、良い面が出る可能性が高い試料を3個導入室にセットした。

« LiFeAs-BS195-1-2 by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs-BS195-1-3 by 3He-STM(その1) »

LiFeAs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/54572938

この記事へのトラックバック一覧です: LiFeAs-BS195-1-2 by 3He-STM(その2):

« LiFeAs-BS195-1-2 by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs-BS195-1-3 by 3He-STM(その1) »