« 実験準備 | トップページ | 装置改良 »

2012年1月29日 (日)

LiFeAs-BS102-J3-7 by 3He-STM (その1)

昨日作った探針は最初の1本がFIMで3.3kV程度で先端の原子1個に調整できたので、セットし、LiFeAs試料も問題なくセットした。

しかし、輻射よけのバッフルを劈開ステージで予冷し、はずそうとしたときに硬くてはずれない。これまでこのようなトラブルになったことはなく、なんとかまわそうとしたが、その過程で交換したばかりのバッフルのハンドルを折ってしまった。

これまでもバッフルや試料ホルダーのハンドルに大きなトルクをかけたことは何度もあったが、ねじ切れるようなことはなく、チャックが空回りする方が先だったので、意外でもあり、うかつでもあった。バッフルはベリリウム銅製でハンドルは2.5mmφ程度の太さがあるが、熱処理しなければ大した強度は無いのであろう。これまで運が良かったと考えるべきだろう。大いに反省した。

ハンドルはチャックについたままなので、試料交換ができない。またチャンバーを開けなければならない。これを機に、加熱ステージの不具合の修正も行うことにする。新しいバッフルはすぐ手配することにした。今度は硬化熱処理を頼む予定である。

試料と探針は入っているので、2Kでの実験は可能なので、アプローチを開始した。

« 実験準備 | トップページ | 装置改良 »

LiFeAs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/53852366

この記事へのトラックバック一覧です: LiFeAs-BS102-J3-7 by 3He-STM (その1):

« 実験準備 | トップページ | 装置改良 »