« LiFeAs#BS102-J3-4 STM/STS by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs#BS102-J3-6 STM/STS by 3He-STM(その1) »

2011年7月17日 (日)

LiFeAs#BS102-J3-5 STM/STS by 3He-STM(その1)

不安定なフレーク上にアプローチしたようで、早々にあきらめ、探針のFIM処理後に新しい試料をセット。

最近、歩留まりがとみに低い。Snフラックス試料の特性上、試料がきちんと劈開しても「良い」ところに当たらないことが原因の一つだが、根本原因はやはり探針にある。

最近、会議等でリサーチすると、電子ビーム加熱が多いようだが、その後の貴金属等を利用した探針評価はやはり必要だろう。現在、会議に向けてデータを揃える必要から、低い歩留まりを量でカバーする方針でR&Dを行っていないが、そろそろ時間的にギリギリである。夏以降に向けたR&Dを開始する方が正しいかもしれない。

« LiFeAs#BS102-J3-4 STM/STS by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs#BS102-J3-6 STM/STS by 3He-STM(その1) »

LiFeAs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/52230840

この記事へのトラックバック一覧です: LiFeAs#BS102-J3-5 STM/STS by 3He-STM(その1):

« LiFeAs#BS102-J3-4 STM/STS by 3He-STM(その1) | トップページ | LiFeAs#BS102-J3-6 STM/STS by 3He-STM(その1) »