« LiFeAs#BS102-J3-2 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | 実験準備 »

2011年6月 2日 (木)

LiFeAs#BS102-J3-2 STM/STS by 3He-STM(その3)

以下、昨日の記録。

マッピング終了。途中で一度探針が若干変わってしまったが、一応全面で様子はつかめた。STM像には明確に現れないが、ほぼゼロバイアスにギャップ内状態を形成する欠陥があることが分かった。

この欠陥の周囲には、準粒子干渉を思わせるパターンがあり、Fourier変換像にもぼんやりとした構造があるが、探針の分解能が悪く、はっきりしたことが分からない。

探針の先鋭化を試みるため、バイアスを±10Vくらいまで振ってみたが、なかなか変わらず、結局、最後は探針の先が大きく飛んでしまった。

今月から出張が連続するので、次に実験できるのは9月になりそうである。

« LiFeAs#BS102-J3-2 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | 実験準備 »

LiFeAs」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/51833061

この記事へのトラックバック一覧です: LiFeAs#BS102-J3-2 STM/STS by 3He-STM(その3):

« LiFeAs#BS102-J3-2 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | 実験準備 »