« Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その4) »

2011年1月 2日 (日)

Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その3)

越年マッピング終了。不均一の大きさは前回測ったDirac点が-240meV程度の試料より小さいが、不均一が観測されるエネルギースケールは約±20meVで変化しない。したがって、バルクの伝導帯の底とは関係ないことが明らかになった。

トポを良く見ると、少し原子が細長いので、視野を広げて探針が不安定になったときに若干探針が変わったかもしれない。三角形の欠陥はきれいに見えている。探針の効果で不均一になることは無いと思われるので(逆はあり得る)、上記の結果に影響は無い。

比較のためにゼロ磁場で同条件でのマッピングを開始。これが終了したらLiFeAsを入れる予定。

« Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その4) »

Bi2Se3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/50470668

この記事へのトラックバック一覧です: Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その3):

« Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その2) | トップページ | Bi2Se3 #A-1 STM/STS by 3He-STM(その4) »