« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その4) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その6) »

2010年11月14日 (日)

Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その5)

11T、±50meVスキャン終了。「Landau軌道」自体は少なくとも30nmのスケールでは実空間で均一であるが、微細構造の現れる±20meVの範囲では数nm~10nmの長さスケールで非常に不均一になることがわかった。スペクトルのヒストグラムのエネルギー依存性をみると、+20meV、-20meVというエネルギーは、非常によく定義できる、はっきりとしたエネルギースケールになっている。一体なんなのか?

今日からは、比較のため、ゼロ磁場で全く同じスキャンを開始。

« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その4) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その6) »

Bi2Se3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/50026451

この記事へのトラックバック一覧です: Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その5) :

« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その4) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その6) »