« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その11) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その13) »

2010年11月29日 (月)

Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その12)

n=0のLandau準位は、フィッティングして求めたピーク位置をマップしてみたが、欠陥と強い相関は見られなかった。「電子ドープから期待される、欠陥周辺でピークエネルギーがFermiエネルギーから離れる振る舞いとインコンシステントではない」という程度。もっと広い視野が必要。

ピークエネルギーの分布幅は最大で15meV位であるが、空間分布のヒストグラム(正規分布とは言い難いが)のσは、めのこで数meVである。

ピーク位置が大きく違う場所で、Landau準位全体にどのような変化があるのかも興味深いが、視野を広げる誘惑に負ける。停電後の復帰は正常だったが、視野を広げているときに、案の定、探針が変わってしまう。奮闘の末、正常なスペクトルと空間分解能の探針で、ゴミはあるものの100nm四方のスキャンができそうなところを見つけた。ドリフトが収まるのを待って、マッピングを行う予定。

« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その11) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その13) »

Bi2Se3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567900/50166039

この記事へのトラックバック一覧です: Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その12) :

« Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その11) | トップページ | Bi2Se3 #3-3 STM/STS by 3He-STM(その13) »